新着情報

林業の仕事内容ってどんな感じ?各業務の種類を解説!

林業は建材や家具、さらには紙に至るまで様々な産業で使用されている原料を生み出す仕事です。

 

現代生活になくてはならない木材を生産するために林業に従事している方は様々な業務を行っています。

今回は、林業の仕事内容の種類について解説し、どのような仕事を行っているのかまとめました。

 

林業の仕事の内容とは

 

林業は簡単に言えば木を管理することで森林を守り、伐採して木材を生産し、植林して環境を守る仕事です。

 

これは枝打ち、伐採、植栽という三つの仕事に分けることができます。

この3つの作業をサイクルで行うことで林業の仕事は成り立っています。

 

林業の具体的な仕事内容は?

まず、枝打ちは育った樹木の枝を付け根から切り落すことです。

加工しやすくするための下準備といった目的もありますが、枝同士の重なりで日射量が減り、生育が妨げられるのを防ぐことが主な目的です。

 

また、節が目立たなくなるので木材として良質なものになります。

品質管理の面でなくてはならない作業といえるでしょう。

 

伐採は、文字通り森林の樹木を切り出す作業です。

この作業には主伐(しゅばつ)、間伐(かんばつ)、除伐(じょばつ)という3つの作業に分けられます。

 

主伐は文字通り、樹木を伐採して木材を出荷するための伐採です。

主伐を行った後は玉切り作業によって長さをそろえ、各消費地に出荷されます。

 

間伐は樹木の間引きです。

ある程度樹木が伸びてきたら、良質な木材になりうる樹木を残して、それ以外を伐採していきます。

 

また、日射量のコントロールを行えるメリットもあるので、土壌環境の改善や維持も期待できます。

ちなみに間伐で伐採された樹木も間伐材として様々な加工品に利用されており、例えば割りばしなどが代表的な加工品です。

 

除伐は、主伐予定の樹木の生長を阻害する他の樹木を伐採する作業です。

例えば、杉を植えている場所で杉以外の樹木が生長を阻害しているとしたら、その樹木を伐採します。

 

ちなみに成長不良で腐敗してしまった樹木や曲がってしまった樹木を伐採することも除伐です。

 

最後の植栽は、伐採後の区画に残った木や雑草、枝葉などを除去して樹木の苗を植えていく仕事です。

地面を整備する作業を地拵え(じごしらえ)と呼び、地拵えした後に苗木を植える作業を植栽と呼びます。

 

機械化が難しく、現在も手作業で行われています。

 

林業の仕事内容に興味のある方は

林業の仕事内容に興味のある方は、林業体験がおすすめです。

林野庁が運営している「緑の雇用」で展開している地域を案内しているので、利用してみましょう。

 

そのうえで本格的に就職したい場合は林業大学校などに入学し基礎的な技術や知識を学び、近隣の林業組合に入ることで就業できます。

後継者不足にあえぐ業界なので、希望する方を手厚くサポートしている業界です。

 

そのため、未経験者でも、プロの技術を身に着け、林業業界の第一線で活躍できるようになるでしょう。

もし興味があれば林業体験に申し込みを行ってみてください。

 

各都道府県で行われているほか、緑の雇用でも調べることができます。

ちなみに東北や北海道で特に盛んなので、そのエリアにお住いの方は、かなり充実しているでしょう。

 

まとめ

林業の仕事内容は、3つの作業によって行われています。

木を枝打ちし、伐採し、そして植林するということを繰り返し行うことで長い年月をかけて林業は維持されてきました。

 

もし興味がある方は、林業体験をしたうえで、林業大学校などで学び就職を検討してみましょう。

林業業界は内容のサポートを徹底的に行っているので、未経験者の方でもプロの林業家を目指すことが可能です。

 

 

 

福島の林業は株式会社サンライフにお任せ下さい。


会社名:株式会社サンライフ

住所:〒963-8304 福島県石川郡古殿町大字松川字陣場7番地1

TEL:0247-53-4727

営業時間:8:00~17:00(土日も対応可能)

業務内容:林業(立木買取・伐採搬出請負・危険木伐採・素材販売・造林・破砕作業・森林再生)

2022.03.18

林業で働く
pagetop